ロングステイフェア2018 開催!!2018年11月26日(月)/東京国際フォーラム

ムスリムの国、マレーシアで見つけたジョホールの教会学校

こんにちは。マレーシアで三児の子育てをしている、リトルチーです。

マレーシアはご存知の通り、イスラム教を国教としています。
もしこの国で生活をした場合、ご自身がイスラム教以外で信仰を持っていたらどうなるのかと、疑問に思いませんか?
この記事ではクリスチャンである私が実際に通っている教会の話や、この地で見えた日本との違いをお伝えしたいと思います。

教会の入口

通える教会を見つけたい!ジョホールの教会事情

ジョホールにはモスクにも負けないほどの立派な教会もありますが、以下の条件を考慮すると、教会を探すのはとても困難でした。

  • 自宅からの通いやすさ
  • 子どもの集会である「教会学校」がある

私は一歳の息子もいるため、長女や次女と一緒に息子も連れて参加したかったのです。

使われていない教会が案外多いのは?

まずは近所から探してみました。
ホームページこそ残っているけれど、すでに何年も使われていない雰囲気を残したまま放置されている場所もありました。
ジョホール州が週末を金曜日と土曜日に変更をしたため、それまで安息日の日曜日に教会に来ていたクリスチャンが来られなくなったのが理由だそうです。

ネットで探せる教会はビルの中にはいっていることがほどんと

大きな教会以外は、雑居ビルの中に丸ごと礼拝堂が入っているところが多いです。
看板は出ていますが、小さかったり汚れていたりと見つけにくいのがほとんど。
看板には英語で「Church」または中国語で「教堂」と明記されています。

または、十字架のサインが見つけやすいでしょうか。
看板のサイズに対して英語での表記が大きければ英語でのサービスがメインになり、反対に中国語が大きければ中国語でのサービスがメインになります。

やっと見つけた!子どもと通える教会「Unity Pewsbyterian Church」

何日も探して、いろんな場所をウロウロした結果、私たちの通える範囲で教会を見つけることができました。私たちがこちらに決めた一番の理由は、自宅からの距離と、教会学校に一歳の息子、姉たちと一緒に入れることでした。

Unity Pewsbyterian Church

<住所> 91-03, Jalan Austin Heights3, Taman Austin 8100 Johor Bahru

<バイブルスタディ>
毎週水曜10時~
毎週木曜20時~
毎週土曜17時~
毎週日曜17時~

<教会学校>
毎週土曜日17時~
ギター教室(ギター貸し出しあり)
毎週土曜16時~

<英語レッスン>
毎週土曜16時~(受講料一ヶ月30リンギット)

その他、季節ごとのパーティーや子ども向けの工作遊びや遠足も行っています。

基本的には献金以外、金銭の支払いはありません。

話される言語は英語メインです。教会学校ならば、日常会話+聖書を読んだことがあれば充分に内容を理解できると思います。
礼拝中に何度も歌う賛美歌はプロジェクターで英語の歌詞も見られ、ポップなリズムでとても楽しく歌いやすいです。

教会に通っているのは、シンガポール在住の方が多いです。
礼拝をささげる為にシンガポールから国境を越え、金曜日からジョホールに移動し、週末をジョホールで過ごす方たちです。

日本語礼拝を行っている教会は、ジョホールにはありません。

ほとんどの教会は、日曜日の朝9時から礼拝を行っています。
話される言語はその教会によって違いますが、中国語、英語、マレー語による言語サービスがあります。
ただし、これらを同時に行っているのではなく、どれか一つの言語をメインに行い、時間を変えて別の言語での礼拝も設けているようです。

教会学校の入口。雑居ビルの3階にあります。

礼拝が終わり、それぞれ教室で聖書の勉強をしている時です。

ムスリムの国で教会に行くのは安全なのか?

日本の方には、ムスリムの国で他の信仰をするのは安全なのか?迫害されないのか?と、よく聞かれます。
マレーシアは国教こそはイスラム教ですが、宗教の自由は認められています。
危険な事も迫害される事もありません。
多民族国家のマレーシアの人達にとっては、隣人が異教徒である事は普通であり、むしろ私達、単一民族の日本の方が異教徒に対して一線を引く傾向があるのではないでしょうか。

ジョホールの教会に興味があったら、ぜひ遊びにいらしてください。

教会は非常にオープンな場所です。キリストの信仰があるか無いかに関わらず、誰でも教会に来る方は歓迎されます。
もちろん、入信を勧められることなどはありません。
この記事を読み、ジョホールに行かれるクリスチャンや興味のある方、お子さんを週末にどこかに連れて行きたい方がいらっしゃいましたら、ぜひ教会に遊びにきてください!

(ライター・リトルチー)