ロングステイフェア2018 開催!!2018年11月26日(月)/東京国際フォーラム

これであなたも安心!フィリピン セブ島のオススメ交通手段4選!

初めまして!酒井大輝と申します。
僕は今、仲間とクラウドファンディングにて支援金を募り、現在世界一周の真っ最中です。
そんな中、ご飯も美味しく、人も優しい、さらには物価も安く、良いこと尽くしのフィリピンにハマってしまった僕があなたのフィリピンライフをより充実したものにするためにフィリピン御用達の交通手段を4つご紹介します。
これであなたもフィリピンマスター!?

タクシー

外に出れば簡単に捕まえることができるタクシー。現地の人も観光客も活用しています。

  • 初乗り:40ペソ(約100円〜)

圧倒的な安さ。これを知ってしまったら、日本のタクシーは乗れなくなりますね。笑
日本の留学生は短い距離でも夜の時間帯は安全面から積極的に利用しましょう。
また「グラブ」というタクシー配車アプリを利用すると自分のいる場所まで迎えに来てくれます。これを利用すると、ブッキング代が20ペソかかりますが、目的地を伝えたり、料金を交渉する手間が省けるのでオススメです。
「グラブ」を利用した場合はアプリにクレジットカードを登録しておけばキャッシュレスで支払いができますが、現金で支払う場合はお釣りがないことが多々あるため、細かいお金を持っているか確認してから乗車するようにしましょう。

ジプニー

続いては現地の人のほとんどが利用している乗合いバス、ジプニー。これを使いこなせると一気に現地人になれた気がします。

  • 運賃:7ペソ〜(約15円〜)

停留所が曖昧なので、タクシー同様、手を上げて車を止めて乗り込みます。
中に乗り込んだら運賃を支払うのですが、いったん席に座ってから隣の乗客にお金を手渡しで運転手まで渡すシステムです。
自分が現地人からお金を手渡されたら、次に人にパスしてあげてくださいね。また、降りるときは、コインを車体にコンコンと打ち付けることで合図してください。みんなそれを合図に車から降りています。
ただ、満員のジプニーに乗るときは要注意です。日本人というだけでお金を持っていると見なされ、気づいたら財布や携帯がなくなっているなんていうことも。十分に注意して乗ってくださいね。

トライシクル

トライシクルとは、バイクの横に屋根付きのサイドカーを取り付けた乗り物のことです。ちょっとした移動に助かるので、アトラクション感覚で乗ってみることをオススメします。

  • 運賃:5ペソ〜(約12円〜)

タイのトゥクトゥクやインドのリクーシャのようにアジア感があふれる乗り物です。移動速度や利便性を考えるとタクシーやジプニーをオススメしますが、ちょっとした移動では重宝しますのでぜひ挑戦してみてください。

バイクタクシー

最後にバイクタクシー。こちらはバイクの後ろに乗せてもらう移動手段です。バイクタクシーはメーターが付いてないので、トラブルを防ぐために必ず乗る前に料金を交渉してから乗るようにしましょう。

  • 運賃: 約50ペソ〜(約100円〜)

基本的にセブ島は交通渋滞が激しいので、そんな時に利用すると車の間をスイスイと進んでいくのでオススメです。ただ、バイクなので危険とも隣り合わせ。十分に注意して乗るようにしましょうね。

まとめ

以上、フィリピンご用達の交通手段を4つご紹介しました。
いろんな乗り物を試すことであなたのフィリピンライフがより充実することを願っています。読んでいただきありがとうございました!

(ライター・酒井大輝)