ロングステイフェア2018 開催!!2018年11月26日(月)/東京国際フォーラム

フィリピン滞在中にランドリーサービスを使いこなして洗濯物のストレスゼロ!

キラキラと光る海が美しい常夏の国・フィリピン。
リゾートとしての滞在はもちろん、最近では「フィリピン留学」も人気ですね。

一年中暖かく過ごしやすい気候で、現地の人々も穏やかでのんびり。
長期滞在にもとてもおすすめな国です。

今回はフィリピンのランドリーサービスについてご紹介していきます。

海外旅行中の洗濯物事情

旅行中って洗濯物がどんどん溜まっていきますよね。
日本にいれば自宅の洗濯機で洗えますが、海外滞在中はそうもいきません。
バケツと石鹸を用意して「手で洗う!」のもアリだけど、実際に毎日のこととなると大変。

滞在場所によっては干すスペースがなかったり、フィリピンには雨季という雨の多い時期もあるので、なかなか洗濯物が乾かなかったり…とストレスもあるかもしれません。

ランドリーサービスってなに?

そもそもランドリーサービスとは「洗濯物代行サービス」のこと。

洗濯が必要な衣類を預けると、数日後には綺麗に洗濯&乾燥され、きちんと畳まれて返ってくるというシステム。
手間いらずでストレスゼロです。

日本でもホテルでこういったサービスをしているところは多いと思いますが、フィリピンでも「クリーニング屋さん」のような感覚で、簡単にそしてより格安にランドリーサービスを利用することができます。

実はフィリピンの人たちは洗濯物が大好きです。
いつも清潔で良い香りの洋服を身に纏っています。街を歩けば、大きな樽でバシャバシャと洗濯物をする女性たちの姿もよく見かけます。

まだまだフィリピンでは洗濯機を所有している家庭が少ない、という背景もあります。

ランドリーサービスの見つけ方と価格

ホテルやゲストハウスに滞在している人は、ランドリーサービスがあるか訊いてみましょう。

節約重視でサービスを利用したい人は、街にあるランドリーショップを利用する方が費用が安く抑えられるケースがあります。

よく探してみると、街中や路地裏には「LAUNDRY」という看板が多数あります。
そういったショップでは価格表を用意しているところが多いので確認してみましょう。
見当たらない場合は直接スタッフの方に価格を尋ねてみて下さいね。

相場は1kgあたり20~40ペソ(40~80円程度)と、とても安いです。

ランドリーサービスを利用するときの注意点

サービスを利用するときに注意したい点がいくつかあります。

  • 返却日と時間は必ず聞くこと!
  • 預け控えは大事に保管しよう!
  • 白い衣類は色移りの可能性あり!
  • ブランド物や大事な衣類などは預けない!
  • 預けた洗濯物の点数は確認しておこう!
  • 最低重量があるか確認しよう!

フィリピンのランドリーサービスは、基本的に代行屋さんによる“手洗い”です。
なので預かった洗濯物の管理もアナログだったりします。

たくさんのお客さんがサービスを利用するので「預けた服がどこかへ行ってしまった…」なんてことも極稀にあります。

また「最低1kg以上」など、預ける際に重量の規定がある場合があるので事前に確認しておくと良いと思いですね。
1kg未満の場合でも1kg分の料金となるので注意。

フィリピン滞在ではランドリーサービスを使ってみよう!

いかがでしたか?最近ではコインランドリーも出てきているようですが、洗剤や柔軟剤の用意が不要!ただ預けるだけ!というのはランドリーサービスの良い所。
しかもとっても安い。

フィリピンでよく見る、青空の下で色とりどりの洗濯物がひらひらと揺れている様子は、なんだか懐かしくて愛おしい光景。

ぜひフィリピン滞在ではランドリーサービスを使ってみてくださいね。

(ライター・megumi ito)